俺、密かに書いてた小説が嫁に見つかるwwwww

2:2015/01/29(木)13:36:32 ID:

うp
3:2015/01/29(木)13:36:53 ID:

何系?
5:2015/01/29(木)13:37:17 ID:

ジャンルによるね
7:2015/01/29(木)13:37:46 ID:

エロ小説が見つかったと想像してワロタ
9:2015/01/29(木)13:38:16 ID:

小説じゃなくてラノベだろWWW
カッコつけんなハゲWWW
10:2015/01/29(木)13:40:22 ID:

一応、推理系の人間模様系

俺、金田一耕助が好きなんだよね
で、そのパクリ的な奴

11:2015/01/29(木)13:40:51 ID:

>>10
読みたい
14:2015/01/29(木)13:42:10 ID:

>>10
お前この前金田一耕助みたいな小説書きたいってスレ立てた奴だろ?
19:2015/01/29(木)13:42:49 ID:

>>14
違う
それ別の奴
12:2015/01/29(木)13:40:57 ID:

なんの為に書いてたのそれ
13:2015/01/29(木)13:41:37 ID:

>>12
最初は文字書くのに慣れるためかな
万年筆買って、原稿用紙買って、こそこそ書いてた
17:2015/01/29(木)13:42:30 ID:

>>13
手書きかよ
20:2015/01/29(木)13:43:57 ID:

>>17
そうそう
序盤に間違ってた時の絶望感たるやwwwww
22:2015/01/29(木)13:45:54 ID:

>>20
何歳?
24:2015/01/29(木)13:46:28 ID:

>>22
30歳
18:2015/01/29(木)13:42:38 ID:

書きかけ?完結してるの?
嫁が続きをwktkしてたら1の勝ち!
21:2015/01/29(木)13:45:06 ID:

>>18
「ふ~ん……」って感じだった
感想は聞けてない
俺が逃亡したし
23:2015/01/29(木)13:46:27 ID:

今時紙とは感心
25:2015/01/29(木)13:46:53 ID:

>>23
手書きなかなかいいよ
なんか捗る
27:2015/01/29(木)13:47:33 ID:

いつから書き始めたの?
30:2015/01/29(木)13:49:09 ID:

>>27
まだ一ヶ月くらい
書いては修正みたいな
その度に、原稿用紙ぐしゃぐしゃってしてゴミ箱ポーイ

なんか一昔前の作家になった気分になれるwwwww

28:2015/01/29(木)13:47:42 ID:

万年筆カッコいい
竹とか使ってるぬ?
31:2015/01/29(木)13:50:14 ID:

>>28
そんな高いのは無理
だから、千円くらいの万年筆っぽいペン使ってる
それでも普通のボールペンより書きやすい
34:2015/01/29(木)13:53:57 ID:

>>31
マジかー
いいなー原稿用紙書き憧れる
36:2015/01/29(木)13:55:43 ID:

>>34
意外と楽しいよ
原稿用紙も普通に文房具屋に売ってるし

紙だけの折りたたまれて袋に入ってるのと、ノートみたいに閉じてるのがある
袋の方は、20枚150円しないくらいだから、割と経済的

32:2015/01/29(木)13:52:23 ID:

今後、嫁が何の脈絡もなく「プッ」とか吹き出す場面が頻発するな
33:2015/01/29(木)13:52:58 ID:

>>32
おいやめろ
35:2015/01/29(木)13:55:26 ID:

早く帰らないと嫁がどこかの雑誌に投稿しちゃいます
38:2015/01/29(木)13:56:15 ID:

>>35
まだ完結してないからそれはないwwwww
37:2015/01/29(木)13:56:00 ID:

それどころかお友達に公表されちゃいます
39:2015/01/29(木)13:56:43 ID:

>>37
ぅわああああああああああああああ
40:2015/01/29(木)13:56:51 ID:

今頃、嫁が2chにスレ立ててたりして
41:2015/01/29(木)13:57:01 ID:

【速報】旦那が密かに執筆した小説発見wwwww

とか立ったらいいな

44:2015/01/29(木)13:57:51 ID:

>>41
>>40
嫁は2ちゃんなんて覗かないからそれはないwwwww

……え?ないよな?

42:2015/01/29(木)13:57:42 ID:

新連載!>>1の金田一!

読者の声
・全米が、鼻で笑うわ(主婦)

45:2015/01/29(木)13:58:56 ID:

>>42
さすがに金田一の名前は使ってない
ただ、めっちゃ影響されまくり
46:2015/01/29(木)13:58:58 ID:

(今頃スレ建てて泣きついてるだろうなぁ)
48:2015/01/29(木)13:59:54 ID:

>>46
無駄にリロードして確認したやないかい
どうしてくれる
47:2015/01/29(木)13:59:43 ID:

>>1の、黒歴史
50:2015/01/29(木)14:00:35 ID:

>>47
いやマジで
この年で黒歴史を作ることになるとはな
49:2015/01/29(木)14:00:20 ID:

嫁にその小説の件に触れられるのと一切触れられないのとどっちが良い?
51:2015/01/29(木)14:01:29 ID:

>>49
そっとしててほしい
出来れば一言、「頑張ってね」がほしいかも

どちらにしても悶絶するだろうけど

52:2015/01/29(木)14:01:55 ID:

「いいじゃん、続き書けたら見せてよね」
53:2015/01/29(木)14:02:42 ID:

>>52
う、うん……////
54:2015/01/29(木)14:02:51 ID:

俺はピクシブに投稿してた二次創作の小説が同僚にバレて温かい目で肩叩かれたよ。
55:2015/01/29(木)14:03:37 ID:

>>54
それ、暖かくない
同情の目や
56:2015/01/29(木)14:06:55 ID:

そんなことないよ。
翌日に拡散して宣伝してくれたんだぜ。
あいつマジ許さない
58:2015/01/29(木)14:09:34 ID:

>>56
Oh……
57:2015/01/29(木)14:08:58 ID:

>>54
そもそもどうしてバレたんだ?
職場で書いてたとか?
59:2015/01/29(木)14:11:24 ID:

うp
60:2015/01/29(木)14:12:20 ID:

>>57
その時は携帯で書いてたんだが職場に忘れて中身見られた。

>>59
ふざけんなwww

61:2015/01/29(木)15:04:04 ID:

でも嫁友の集いなんかで旦那の趣味とかが話題に上がったとき
「趣味は小説書き」なんかだとイメージ悪くない気がする

アニヲタやゲーマーより世間受けは悪くないと思うよ

62:2015/01/29(木)15:48:15 ID:

>>61
でもさ、絶対「見せて!」ってなるじゃん?
俺死ぬじゃん?
63:2015/01/29(木)15:53:13 ID:

嫁友には「デビュー前につき、不可っ!」
で通したらwww

もしくは、見せても恥ずかしくない大作を書き上げるかだよねwww

64:2015/01/29(木)16:25:21 ID:

冒頭でもいいから見せろよ
65:2015/01/30(金)14:10:12 ID:

>>64
冒頭だけでいいなら

あ、1です

66:2015/01/30(金)14:19:53 ID:

 昭和三十四年、第二次世界大戦からの復興は進み、日本全体が目まぐるしく変化していた。敗戦の痛みも薄れ、人々は、新しい時代の到来を感じていた。
こと、首都東京においても、その風景は変わり続けていた。岩戸景気の波に乗り、街には多くの建設物が建ち並び、二年前から着工した東京タワーも竣工したばかりである。
 そんな都会の片隅にある小さな雑居ビル、その一室は明かりも灯らず、薄暗さに包まれていた。
窓から射し込む陽光は、空気中に舞う埃を鮮明に浮かび上がらせる。それもそうであろう。なにしろその部屋はろくに掃除もされておらず、机や棚には資料とおぼしき書類やファイルが、所狭しと積まれていた。
それらの表面にも埃が積り、見るだけで息苦しさを覚えてしまう。
 しかしながら、その部屋にも主がいた。机に顔を伏せたまま、呑気に鼾をかく男性こそその者である。
 彼の名は、緒方宗助。私立の探偵を営んでいる。とは言っても、間もなく正午だというのに未だに鼾をかいているところから見ると、決して順調な経営とは言えないのかも知れない。
だが、当の本人はあまり気にしていないようだ。その証拠に、彼は実に幸せそうな顔をしながら、頬をかき、涎を垂らしていた。彼の頭には、来客という考えはないのかもしれない。
 だが、この日はいつもと違っていた。
「ごめんください……」
 小さな女性の声と共に、部屋の出入り口である木製の片開き戸は開かれた。
67:2015/01/30(金)14:22:02 ID:

こんな感じ
68:2015/01/30(金)14:37:50 ID:

すげー!

ちと読みづらいが続き気になるし読みたいんだが
マジで

69:2015/01/30(金)14:41:14 ID:

わりといい
70:2015/01/30(金)14:41:40 ID:

いいじゃん
嫁さんが読んでるとこ想像すると微笑ましくも思える
71:2015/01/30(金)18:09:49 ID:

叩かれるかと思ってたからビックリしたwww
なんかうれしいもんだな、こう言われるの
もう少しうpしようか……
73:2015/01/30(金)18:19:45 ID:

続き読みたい
74:2015/01/30(金)18:21:18 ID:

じゃあもう少しだけうpさせていただきます
75:2015/01/30(金)18:24:36 ID:

文章うまいな
76:2015/01/30(金)18:26:21 ID:

早く完成させて披露してくれよ、続き気になるじゃねぇか
77:2015/01/30(金)18:30:25 ID:

 外からの光が室内を照らせば、雑然とした様子を一段と露わにする。空気の流れが生じたからか、ふわふわと浮かんでいた埃が一斉に動き始めた。
それを吸い込んだのだろうか。入り口に立つ人物は軽く咳をしていた。
 その人物は、女性だった。ベージュ色のスーツを着て、手にはハンドバッグを持つ。長い黒髪はブローチで束ねられ、背後でさらさらと揺れる。清楚なその外見は、散らかった部屋とは全くの不釣合いであった。
女性は白いハンカチで口元を押さえ、室内を見渡しながらゆっくりと進んでいく。そして宗助の傍まで辿り着き、依然として机に伏す彼の体を静かに叩いた。
「あの……。すみません」
「は、はい!?」
 それまで一切起きる気配のなかった宗助であったが、突然の呼び掛けに驚き、慌てて顔を上げた。そしてあまりの勢いに、後方にバランスを崩し、椅子ごと倒れてしまった。
「だ、大丈夫ですか?」
 女性は心配そうに宗助に訊ねる。彼は頭を手で押さえながら、ゆっくりと起き上がった。
78:2015/01/30(金)18:32:57 ID:

「はい。なんとか……」
 そこまで言ったところで、彼はようやく女性の存在に気付いた。
「……あの、あなたは……」
 彼の言葉に、女性は会釈する。
「私は、敷島洋子と申します。今日は、あなたに依頼があって参りました」
79:2015/01/30(金)18:37:17 ID:

読点多くね?
80:2015/01/30(金)18:40:25 ID:

「すみませんねぇ。少々散らかっていまして……」
「は、はぁ……」
 宗助は部屋の中央にあるテーブルの上から書類を運び出し、せっせと話を聞くための準備をしていた。一方洋子は、そんな彼の姿を見つめる。
身長は高くもなく低くもない。ぼさぼさの頭に寝間着のような濃緑色の着物。やや彫りの深い顔には無精ひげが蓄えられ、へらへらと媚を売るように笑みを浮かべる。
彼女にとって探偵というもののイメージは、洞察力が鋭く、その眼光は全てを見抜く。
そんな想像上の探偵とは、彼はあまりにもかけ離れている。とてもではないが、頼りになるようには見えない。気が付けば、洋子の口からは溜め息がもれていた。
「それで、依頼というのは?」
 片付けも一段落ついたところで、宗助は軋む椅子に腰をかけ切り出した。その様子に、洋子は一度咳払いをした後、静かに口を開いた。
「……実は先日、私の元に、とある手紙が届きました」
81:2015/01/30(金)18:46:39 ID:

「手紙、ですか?」
「はい。それが、この手紙なんですが……」
 陽子は、ハンドバッグから一通の便箋を取り出し宗助に渡す。彼は会釈の後、中の手紙を取り出し目を通す。
「……これは、招待状ですか?」
「そのようです」
 更に宗助は、その差出人に着目する。
「……日下部、秀子……」
「はい。その方が呼んでいるようで」
「しかしここには、日下部家当主の危篤につき急ぎ赴くようにとありますが……。あなた、確か姓は敷島でしたよね?なんだってあなたが?」
「敷島は、母の姓なんです。ですから、私の父が関係しているのかもしれません」
「……かも、というのは?」
 すると陽子は、少し言いにくそうに表情を落とした。宗助は下手に催促することはせず、黙して彼女の言葉を待った。
「父は……分からないのです」
82:2015/01/30(金)18:57:18 ID:

情景の表現が俺の好み
83:2015/01/30(金)19:05:26 ID:

「それは、なぜかと聞いても?」
「いえ、大したことではないんです。ただ、私が物心ついた頃には既に父はいなくて、母はただ遠くで働いているとしか言ってくれなく……。そんな母も数年前に他界し、私は母の親戚の家に住まわせてもらい、結局分からずじまいで……」
「そうですか……。いや、大変でしたね」
「いえ、そんな。母との生活は楽しかったですし、親戚の方も親切にしてくれましたので。母も、父を恨んではいませんでした」
「それはよかったです。しかし、そこでこの手紙ということは……。あなたのお父さんは、もしかしたら日下部家に所縁のある人物なのかもしれませんね」
「私もそう思いました。ですのですぐにでも行こうとしたのですが……そこで、今度はこの手紙が……」
 そして洋子は、更に一通の便箋を取り出す。それは、異様なものだった。新聞の切り抜きで宛名が書かれ、差出人の名前はない。手紙を取り出せば、その文字もまた全てが宛名と同様に新聞の文字を使用されていた。そしてそこには、こう綴られていた。

 敷島洋子に告グ。
 日下部家ニは、近付くコトなかレ。
 遺恨の念ハ渦を巻キ、流れ出ル。
 オ前が引キ金とナり、全テを飲み込ム。
 そして、数多クの血が、お前ノ身を濡ラスであろう。

「……脅迫状……」
 洋子は、小さく頷いた。

84:2015/01/30(金)19:07:19 ID:

とりあえず、ここまで
句読点、多いかな?
85:2015/01/30(金)19:15:02 ID:

誰が発言してるかを書いたら?

にしても、凄いな500円くらいの小説なら買いまぁす!

88:2015/01/30(金)21:12:10 ID:

>>85
小説ってないもんじゃないの?
90:2015/01/30(金)21:31:28 ID:

>>88
あ、ssになれてたから
すまん無いのが普通だす。続けて下さい
89:2015/01/30(金)21:15:19 ID:

まだまだ序盤も序盤なんで、たぶん完成までにはかなり時間かかるかも
出来たらまた顔出すから

意欲が出た
ありがとう

91:2015/01/30(金)21:31:43 ID:

楽しみー!
92:2015/01/30(金)23:03:03 ID:

とりあえず、こっちにも転記しながら書いてく
暇だったら軽く見てて
93:2015/01/30(金)23:10:19 ID:

「この便箋、切手も消印もありませんねぇ。ということは、誰かがあなたの家に直接投かんしたことになりますが……。誰か、変わった人とかは見ませんでしたか?」
「いえ、特には……」
「ふむ……」
 そこで宗助は、何かを思案する。
「警察には、連絡しましたか?」
「はい。ですが、単なるイタズラだと……」
「まあ、そうなるでしょうね」
「あの……私は、行っていいのでしょうか……」
「……」
「あの……」
「あ、すみません。ちょっと考えごとを」
「はあ……」
「ええと、とりあえず、あなたの身の安全は大丈夫だと思いますよ」
「え?なぜですか?」
「脅迫状に書いてあったでしょ?“数多くの血が、お前の身を濡らすだろう”って。
あなたに何かするのであれば、もっと端的に、あなた自身に危害を加えることを示唆する内容を書くでしょう。お前を殺すとか、お前の血が流れるとか。
この文章には、それがない。つまりは、あなたに危害を加えるつもりはない、と判断できるでしょう」
「な、なるほど……」
「しかし、だとするなら、これは誰か別の人物への犯行予告とも取れる。それがいったい誰なのか……気になりますねぇ……」
94:2015/02/01(日)10:09:48 ID:

面白い
期待
95:2015/02/01(日)10:21:34 ID:

期待
86:2015/01/30(金)19:35:10 ID:

お、まだこのスレ生きとったんか

昭和の匂いがする雰囲気ってノスタルジーを刺激されてええよな
句読点多いけど面白いと思うで

コメント

タイトルとURLをコピーしました